MOTENASU活用講座

WEBへのアクセス状況に応じたセグメント配信を行う
~Cookie情報を取得し、顧客IDと紐づけて運用する~

Cookieの働きを制限して個人情報のトラッキングを防ぐ機能である「ITP」について各ブラウザへの実装が進んでおり、今後、Cookie情報頼みの顧客獲得施策には限界がやってくるでしょう。 1st Party Cookieについては、自社で収集し顧客情報として管理する時代ともいえます。ただCookieは匿名データであり、顧客の特定はできませんので、顧客情報として活用していくためにはCookieを顧客IDと紐づける必要があります。 MOTENASUでは、これらのcookie情報を顧客情報と紐づけることにより、各顧客ごとのWEB行動履歴を把握し、またWEB行動履歴に応じたセグメントやシナリオ配信なども可能です。

タグを設置するだけでcookieを取得

MOTENASUの管理画面で取得できる測定タグをサイト内に設置するだけで、cookie情報(1st party cookie)を取得し、サイトへのアクセス情報(アクセスページ、アクセス日時、滞在時間、流入元など)を確認することが可能です。

画像を横スクロールできます>>

ただし、これらはあくまでも“匿名”顧客の情報であり、「誰」のアクセスなのかを特定することはできません。

MOTENASUでは、これらのcookie情報を顧客情報と紐づけることにより、各顧客ごとのWEB行動履歴を把握し、またWEB行動履歴に応じたセグメントやシナリオ配信なども可能です。

メールに記載のURLをクリックいただくだけで紐づけが完了

MOTENASUから配信したメール(LINEやSMSでも可)には、お客様ごとのパラメータを付与したURLを記載することができ、そのURLをクリックしていただくことで顧客情報(リード情報)とcookie情報が紐づき、以降は「どのお客様が、いつ、どのページに、何分、アクセスしたのか」を計測することが可能になります。

WEBへのアクセス状況に応じた配信が可能

cookie情報と顧客情報が紐づくと、例えば「ECサイトの商品Aのページにアクセスした方にメール配信」「商品Aのページにアクセスしたが購入はしていない方にメール配信」といった、WEBページへのアクセス状況に応じた配信が可能となります。配信はメールだけではなく、LINEやSMS、郵送DMなどの配信も可能です。