MOTENASU活用講座

LINE-IDを貴社の顧客情報データと連携する

MOTENASUからLINE配信を行うためには、MOTENASUのリード情報項目のひとつとしてLINE-IDが登録されている=MOTENASUのリード情報とLINE-IDが紐づいている必要があります。

LINEの「お友だち登録」では、取得できるのは相手のLINE-IDだけですが、基幹システム等に登録されている顧客データなどがあれば、LINE「お友だち」情報=LINE-IDと紐づけて、一元管理することができます。保有する自社の顧客情報とユーザーのLINEアカウントを紐付けることで、一人ひとりに対して最適な顧客体験が提供できるようになります。

LINE-IDを顧客情報に連携するには?

ユーザーの方々にMOTENASU管理画面から発行したLINE認証画面へアクセスいただくことで、LINE-IDとMOTENASU登録の顧客情報(リード情報)が紐づきます。

リード情報とLINE-IDを紐づける具体的な方法は、運用中のLINE公式アカウントの「お友だち登録」がどのような状態なのかによって異なります。

LINE-IDを顧客情報に紐づけする手法①

LINE「お友だち」未登録×MOTENASUリード未登録の場合

新規でLINE「お友だち」として登録いただき、同時にMOTENASUに登録する場合は、
通常の「お友だち登録」同様の認証画面遷移で、LINEのお友だち登録とMOTENASUへの登録が同時に完了します。

画像を横スクロールできます>>

LINE-IDを顧客情報に紐づけする手法②

LINE「お友だち」登録済 ×
MOTENASUリード未登録の方の場合

すでに「お友だち」として登録されている方々をMOTENASUのリードとして登録したい場合は、改めてLINE認証画面に再アクセスいただくことで、LINE-IDをMOTENASU登録情報と紐づけることができます。

画像を横スクロールできます>>

LINE-IDを顧客情報に紐づけする手法③

LINE「お友だち」登録済 ×
MOTENASUリード登録済の方の場合

MOTENASU登録済の既存リードを、すでに(MOTENASU発行の登録画面以外から)
「お友だち」として登録されている方々
と紐づけたい場合は、MOTENASUから配信したメール等経由で改めて認証画面に再アクセスいただくことで、LINE-IDをMOTENASU登録情報と紐づけることができます。

画像を横スクロールできます>>

LINE-IDを顧客情報に紐づけする手法③

LINE「お友だち」登録済 ×
MOTENASUリード登録済の方の場合

MOTENASU登録済の既存リードを、すでに(MOTENASU発行の登録画面以外から)
「お友だち」として登録されている方々
と紐づけたい場合は、MOTENASUから配信したメール等経由で改めて認証画面に再アクセスいただくことで、LINE-IDをMOTENASU登録情報と紐づけることができます。

画像を横スクロールできます>>

LINE-IDに様々な情報を付加する手法

認証画面のアクセス時に登録フォームを遷移させることで、
通常のLINE-IDでは取得できない情報(氏名、年齢、性別、住所、その他独自の項目)を LINE-IDと紐づけて登録させることも可能です。

画像を横スクロールできます>>

既存のLINE「お友だち」がある場合のLINE-ID連携の手法と実績

【A社】(サプリ販売)

  • ・MOTENASU導入時点での既存のLINEお友だちが約1800
  • ・MOTENASU導入後、メルマガや同梱チラシに連携用QRコードを設置し紐づけを行う
  • ・導入後3ヶ月間で約60%のLINEお友だちがMOTENASUと連携
  • ・現在LINEお友だちが約5,500 の約90%MOTENASUと連携済

【B社】(飲食店チェーン)

  • ・MOTENASU導入時点での既存のLINEお友だちが約5000
  • 店舗にお友だち登録用QRコードを設置⇒既存お友だちがアクセスするとMOTENASUと連携
  • ・導入後2ヶ月間で約60%のLINEお友だちがMOTENASUと連携
  • ・現在LINEお友だちが約30,000 の約70%MOTENASUと連携済

【C社】(コスメ販売のECショップ)

  • ・MOTENASU導入後、メルマガやサンクスページに連携用QRコードを設置し紐づけを行う
  • ・現在LINEお友だちが約25,000 の約70%MOTENASUと連携済